スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<琵琶湖>生態系に変化 過去100年分、生物の遺骸を分析(毎日新聞)

 ◇ミジンコ、冬も繁殖--地球温暖化影響大きく

 20世紀の100年間に琵琶湖底に堆積(たいせき)した生物の遺骸(いがい)を東北大と京都大の研究グループが調べたところ、プランクトンの種類や生態が大きく変化していたことが分かった。80年代以降の地球温暖化が原因とみられ、冬の上下層の水の循環が弱まって植物プランクトンの種類が変わり、それらを食べるミジンコも餌の少ない冬に活発に繁殖するようになるなど生態が変化したという。グループは「湖中の変化は目に見えにくいが、温暖化は確実に生物に影響している」と話している。【稲生陽】

 調べたのは、占部城太郎・東北大教授(水界生態学)と、調査時に京大生態学研究センター(大津市)に所属していた槻木(つげき)玲美・愛媛大研究員(古陸水学)。水深75メートルの湖底の泥に堆積したプランクトンの遺骸100年分を分析し、学会誌に発表した。

 その結果、60年以前は琵琶湖にほとんどいなかったミジンコ類が、富栄養化が問題になった60~70年代に急増、富栄養化が収まった80年代以降もその数を維持していることが判明。特に80年代以降は、生存条件の厳しい時期を越すための休眠卵をほとんど産まなくなったことも分かった。冬場も餌が増えて活発に繁殖できるようになったため、休眠卵を作る必要がなくなった可能性が高いという。

 また餌となる植物プランクトンでは、80年代以降、琵琶湖固有種で遊泳能力を持たない大型珪藻(けいそう)が激減した一方、泳いで日光の届く浅い水深にとどまれる別の種類の植物プランクトンが急増。温暖化で冬季の上下層の水の循環が弱まった影響とみられ、遊泳能力を持つ種は小さくて餌にしやすいため、ミジンコにとって冬も餌が多い状態になったという。槻木研究員は「温暖化が餌を介し、プランクトンの生活まで変化させたようだ。半世紀前に比べ、琵琶湖の生態系はかなり変わったのではないか」と話している。

【関連ニュース】
琵琶湖:生態系に変化 過去100年分、生物の遺骸を分析--東北大と京大 /滋賀

裁判員裁判「速やかな審理を」=地裁幹部らに最高裁長官(時事通信)
診療報酬詐取 山本病院理事長に2審も実刑(産経新聞)
痴漢容疑で自衛官逮捕=電車で女子高生触る―和歌山県警(時事通信)
<殺人未遂容疑>浴槽に乳児を投げ入れ…母親逮捕 埼玉県警(毎日新聞)
<恐喝容疑>アート前会長から現金、芸能事務所前社長を逮捕(毎日新聞)
スポンサーサイト

鳩山首相が辞意を正式表明「職を引かせていただく」 小沢氏も辞任(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日、民主党の衆参両院議員総会で「職を引かせていただく」と述べ、正式に辞意を表明した。また、小沢一郎幹事長も辞任することを明らかにした。

  [フォト]覚悟決めた…総会前、あいさつを交わす鳩山首相と小沢幹事長

 鳩山首相は冒頭、「国民の皆さん、本当にありがとうございました」「国民の(政権交代の)判断は決して間違っていなかった」と所感を述べた後、普天間問題や政治とカネの問題を上げ「私自身も職を引かせていただく」と述べ、辞意を明らかにした。

 鳩山首相は普天間問題で米軍基地の沖縄県外移転への意欲を振り返る際、目をうるませる一幕もあった。

【関連記事】
続投意欲 グッドサイン 小沢・輿石氏は賛同せず
首相の素顔 「愚かさ」の裏にしたたか処世術
前原国交相「ツートップの問題極めて大きい」 内閣の支持率低迷
ブレ続けた政治指導にため息 不信渦巻く地元
原口総務相「リーダー変えると、また堂々巡り」退陣論出る首相を擁護

西成区役所で保護費支給 憤る受給者 「わしらを商売道具にするなんて…」(産経新聞)
全日空機エンジントラブル、成田に緊急着陸(読売新聞)
F22が嘉手納到着、朝鮮半島緊張で前倒し(読売新聞)
「離脱是非は30日に判断」福島党首 共同声明「辺野古」明記には「とても残念だ」(産経新聞)
民主が「民主」を否定 郵政改革法案、選挙優先の超短時間審議(産経新聞)

元横綱朝青龍から事情聴取 知人への暴行で警視庁(産経新聞)

 大相撲の元横綱、朝青龍(29)が知人男性に暴行したとされる問題で、警視庁は元朝青龍から事情を聴いた。捜査関係者への取材で分かった。

 関係者によると、元朝青龍は今年1月16日未明、クラブで飲酒した後、東京都港区の路上で知人男性に対し激高し、車内に連れ込んだ。元朝青龍は「示談が成立した」と日本相撲協会に報告し、その後引退した。

 警視庁は双方から事情聴取を進め、解明を目指す方針。

【関連記事】
元朝青龍が会見 暴行問題などには触れず レスリング全日本選抜選手権を観戦
なぜ朝青龍は訪朝したのか モンゴルの対北ビジネスに一役?
「脱・朝青流」 サボリ、駄目押し…悪影響一層 相撲協会、改善へ引き締め
横綱なき優勝額贈呈式…親方が代理
魁皇が通算1000勝 白鵬、2場所連続全勝V
中国が優等生路線に?

大量の不正けしが関東一円に流通 あへん法違反で捜査 (産経新聞)
“橋下派”が初の府議会、議長取りにも意欲(読売新聞)
テレビはないがワンセグあり 実は受信料払う必要がある(J-CASTニュース)
容疑者に暴力、たばこ与える…取り調べ違反29件(読売新聞)
<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)

社会福祉法人が不法投棄の疑い…処理委託空き瓶(読売新聞)

 兵庫県姫路市の社会福祉法人「五倫会」が、同市からリサイクル処理を委託された空き瓶を同市や同県高砂市の空き地に不法に投棄していた疑いが強まり、県警は12日午前、廃棄物処理法違反(投棄の禁止)容疑で、五倫会や関係先の姫路市役所など7か所を一斉捜索した。

 今後、五倫会側から事情を聞き、違法な処分実態を調べる。

 捜査関係者によると、五倫会側は2007年6月~08年4月末、姫路市内の同会敷地や高砂市内の空き地にガラス片など計約2520トンを埋めるなど、不法投棄した疑いが持たれている。

 姫路市によると、同会は00~07年度、市が集めた空き瓶の処理や処分について市と随意契約を締結。同会運営の授産施設で、空き瓶をガラス片にした後、再生業者に販売するなどしていた、と報告していた。

 しかし、今年に入り、同会が8年間で回収した空き瓶が3912トンだったのに、処理量が237トンだったと姫路市に報告していたことが発覚。市議会で、「市が矛盾に気づきながら、必要な対策を怠っていた」などの批判が出ていた。同会は2月、処理量を3011トンに修正報告している。

<警察庁長官>「弘道会に打撃を」都道府県警に要請(毎日新聞)
医師も参加し路上喫煙禁止の啓発(産経新聞)
民主・横粂氏、「小鳩体制」にノー(産経新聞)
「四重苦」救う3つの介護政策―NPOが提言(医療介護CBニュース)
借金…夫婦、3歳長女の首絞めるも「かわいそうになり救急車」(産経新聞)

<普天間>一連の首相発言 資質に「?」マークつく(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、鳩山由紀夫首相は7日午後3時から首相官邸で、鹿児島県・徳之島の3町長と会談し、普天間の基地機能の一部移転について協力を要請する。3町長は受け入れ拒否を正式に伝える。首相は沖縄訪問と徳之島3町長との会談を皮切りに、移設先の地元理解に全力を挙げる考えだが、沖縄での軽率な発言に首相の資質を問う声が高まっている。自ら説得に乗り出すことで打開策を求める試みが、求心力の低下に拍車をかけている。

 ◇党内外から厳しい批判

 首相は6日夕、今回の沖縄訪問について首相官邸で記者団に「連立政権で一番大事なことはオープン性だ。根回しとかやらないで、下手じゃないかという意見もあると思うが、率直に愚直に正直に行動することを尽くしていきたい。ただ1回ですべてが尽くされたとは思っていない」と述べ、引き続き地元の理解を得るのに全力を挙げる考えを強調した。

 しかし、首相が沖縄訪問で、海兵隊の「抑止力」について「(理解が)浅かった」と認め、自ら掲げた「県外移設」を「党としての発言ではない」と釈明したことに、政権内にも困惑が広がる。

 平野博文官房長官は6日の会見で、首相の「抑止力発言」について「大きな意味の抑止力なのか、小さな狭義の抑止力なのかという概念だと思う。もっと『抑止力は何だ』と首相に聞いたらどうか」と、首相に解釈を「丸投げ」せざるをえなかった。

 国民新党の下地幹郎国対委員長は、首相の「党としての発言ではない」との発言について、「非常に首相らしからぬ発言。公約のパンフレットの内容より、党代表の発言のほうが重いに決まっている」と厳しく批判した。

 6日、東京都内のホテルで開かれた民主党の地方議員の会合では世話人代表の宮城県議が「政治とカネ、普天間問題などで耳の痛い叱責(しっせき)を受けている」と首相に直訴。同党の中堅衆院議員の一人は「(有権者には)首相が辞めなければ民主党はダメだと言われる」と話す。閣僚の一人も「民主党が首相の資質を攻撃した麻生政権に似てきた」と自嘲(じちょう)気味に語った。

 野党側も首相の資質を攻撃。自民党の石破茂政調会長は6日、都内で記者団に「(首相は)安全保障を勉強しないまま『国外、県外』と言ってしまった」と指摘。公明党の山口那津男代表も取材に対し「(『抑止力』発言は)一国の首相が発言する内容ではなく、資質を問われる」と批判した。【野原大輔、念佛明奈】

 ◇徳之島3町長、会談へ

 首相は徳之島に普天間飛行場の基地機能の一部を移転する方針だが、このうち「海兵隊航空部隊の最大1000人の移転」には米側が4日の日米審議官級協議などで「沖縄本島の陸上部隊と170~180キロ離れる」と難色を示している。このため、政府内では「部隊移転は現実問題としてできない。訓練移転ができるようにしたい」(政府関係者)と、「部隊移転」は断念せざるを得ないとの見方が強まっている。

 首相は6日、官邸で記者団に「沖縄の県民の皆さんのご負担をできる限り減らしていきたいという思いの中で、徳之島の皆様方にご理解いただけるよう努力してまいりたい」と3町長との会談に向けた意気込みを語った。これに対し3町長は同日、徳之島空港前で記者団に「断固反対という民意をしっかり伝える」(高岡秀規・徳之島町長)などとそろって反対方針を強調した。7日の会談には鹿児島県の伊藤祐一郎知事、徳之島を選挙区とする自民党の徳田毅衆院議員も同席する予定だ。

 首相官邸は、徳之島への部隊移転を断念する場合でも、訓練移転は実現したい考え。しかし、徳之島への訓練移転と米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)に移設する現行計画の修正案との組み合わせでは「負担軽減にならない」と沖縄側が反発するのは必至だ。政府が検討する修正案は、工法を埋め立てから「くい打ち桟橋(QIP)」方式に変えるだけで、代替施設の規模や役割自体は基本的に維持することを想定しているためだ。【山田夢留、村尾哲】

【関連ニュース】
民主党:山岡氏「普天間は雲の上の話」と発言 抗議で撤回
普天間:社民党「月内決着」先送り要求 民主との関係模索
普天間:鳩山首相 「5月末決着」変更なしを明言
普天間:県内移設表明を批判…共産党・志位委員長
普天間移設:首相、地元説得の継続確認

香る「花の寺」 約2万株のツツジが満開 京都府宇治市・三室戸寺(産経新聞)
<普天間移設>月内決着見送り…官房長官が示唆(毎日新聞)
<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)
舘ひろしさん、神奈川県の「卒煙塾」塾長に就任(産経新聞)
山陽道でトラックと乗用車多重衝突、3人死亡(読売新聞)
プロフィール

まつはしよしはる

Author:まつはしよしはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。